« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月18日 (火)

燕の巣が家にできました!(2017年)⑧~雛の巣立ち~

P7180080_37月15日(土)、4羽の雛の中で一番大きく成長していた雛1羽が、巣立ちました.. そして、残された3羽が、今朝、巣立ちました.. 7月2日(日)に巣の下に落ちていた、一番成長の遅い雛が1羽取り残されるのだろうと思っていたのですが、その予想は外れました..

 

今朝、雛たちの鳴き声が騒がしいので、窓の外を見てみると、巣立ったばかりの雛が電線に止まって、騒いでいました.. まだ良く飛べないためか、時々電線から落ちそうになりながらも、なんとかバランスを取って、電線に止まっています..

 

突然、親燕が現れ、電線に止まっている雛たちに、体当たりを始めました.. P7180081_3

 

 

電線から落ちそうになった雛たちは、慌てて、羽をはばたかせていました.. 親燕は、雛たちに、飛び方を教えようとしているみたいです.. しばらくすると、外が静かになりました.. 窓の外を見てみると、電線に止まっていた雛たちは、いなくなっていました..

 

燕の雛、全員、無事に、巣立ちました(^.^) http://www.sakai-misato.jp/

 

2017年7月17日 (月)

尾瀬~遥かな尾瀬でした~

P7160015_5尾瀬に、初めて、行って来ました.. 週間天気予報では雨だったのですが、前日の天気予報は晴れ時々曇りにわか雨に変わりました..尾瀬に到着してみると、一面の青空ではなかったけれど、雲の隙間から太陽の光が差して来る、まずまずのお天気でした..

 

177161_4朝、沼尻峠に到着! 沼尻峠の山林の中の山道を歩いて行くと、突然、視界が開け、大江湿原が広がっていました.. 湿原には、ワタスゲ、山つつじ、ニッコウキスゲ、アヤメ、リンドウなどの色とりどりのお花が、咲いていました..

 

大江湿原を通り過ぎ、尾瀬沼から見晴に続く道は、山道の合間に小さな湿原が混ざっている道でした.. 初心者コースの道とのことでしたが、途中、沢の中の岩の上を歩く場所も有り、なかなか大変な道でした.. 赤田代~見晴~山ノ鼻は、尾瀬の湿原が続いていました.. 山ノ鼻から鳩待峠は、生い茂る木々の中を歩く山道でした..

 

尾瀬のP7160029_5 湿原では、都会では見ることのできない生物に、出会うことができました..

 

湿原の草むらの中の草の茎につかまっていた、やご(とんぼの幼虫)

 

P7160028_4湿原の中にできた水たまりの水面の上を、すいすいと自由自在に移動していた、水黽(アメンボ)

 

湿原の草むらの地面の上を用心深く歩く、いもり(漆黒色のいもりでした.. そっと近づいたのですが、人の気配を感じると固まった様に動かなくなり、しばらくして安心すると再び動き出しました..)P7170046_5

 

すれ違った人が、「この道を通り過ぎた湿原の右側に、水芭蕉の花が、まだ、咲いているよ!」と、教えてくれました.. 教えて下さった場所に行ってみると、咲いていました! 水芭蕉の花! 

 

P7160030_3雪解け時期から5月に咲く花なので、この7月半ば過ぎの今の季節に、水芭蕉の花を見ることができるなんて.. 感激です!

 

尾瀬では、時の流れが、とても、ゆっくりでした..

 

自然の美しさ、偉大さを、すばらしさを、感じました..

 

そして、素敵な時間を過ごすことが、できました..

 

P7170056また、いつの日か、訪れてみたい場所です.. (^.^)  http://www.sakai-misato.jp/

 

 

 

 

2017年7月 9日 (日)

梅干づくり(2017年)②~赤紫蘇入れ~

今朝、大分の有機農場から、P7090015_2 赤紫蘇が1箱、届きました.. 7月5日(水)からの九州北部豪雨水害で、大変な中、送って下さいました..
今日の作業は、「赤紫蘇入れ」です.. 送って下さる前に、きれいに洗って下さっていますが、4回ほど、水洗いして、ザルに上げます.. 6月18日(日)に仕込んでおいた容器を開けてみると、青梅はすっかり黄色くなり、梅酢が梅の上まで上がっていました.. 梅酢を1リットルほど、取り出しておきます..
P7090016 擂り鉢に赤紫蘇を入れ、伯方の天塩をふりかけ、しばらく揉むと、アクが出て来るので、そのアクを捨て、そこに、梅酢をかけると、梅酢が鮮やかな赤色に変わります.. 鮮やかな赤色に変わった梅酢と赤紫蘇を、梅が入っている容器に入れます.. この作業を繰り返します.. 伯方の天塩は、全部で90グラム使いました.. 3時間ほどで、作業完了! しばらく冷暗所に保管して、次は、「土用干し」です (^.^)http://www.sakai-misato.jp/

2017年7月 8日 (土)

燕の巣が家にできました!(2017年)⑦~雛、大きくなりました!~

P7080010燕の雛、誕生から13日目です.. 順調に育ってます.. 親燕にエサをねだる鳴き声も、力強くなって来ました.. (一週間前は、ささやきの様な鳴き声でしたが..)
最初の頃は、なかなか見えなかった雛の顔ですが、今では、時々、巣から顔を出す様になりました..
前回は、巣の中に雛が8羽いて、見るからに、窮屈そうでしたが、今回は、 4羽? (まだ、はっきりと、確認はできていません..)P7080011_3 のせいか、雛たちも、伸び伸びしているように見えます..
今朝、巣から顔を出している雛の写真が撮れました.. いつも、巣の前面に出ている3羽の雛です.. そして、その後ろに、実は、もう1羽、います.. 後ろにいる1羽は、先日、巣の下に落ちていた雛で、一番、成長が遅い雛です..(多分、一番最後に巣立つのでしょう..)
雛の成長を、見守ります(^.^)  http://www.sakai-misato.jp/
 

2017年7月 3日 (月)

燕の巣が家にできました!(2017年)⑥~雛の顔~

6月26日(月)P7030002に 、燕の巣の下で卵の殻を発見してから、ずっと、燕の巣は静まりかえっていたのですが、昨日から、雛の小さな鳴き声が聞こえ始めました.. 夕方、巣の下に、黒っぽい物体を、発見! よく見ると、燕の雛でした.. 体調3センチくらいで、肌にはまだ毛が殆ど生えそろってなく、もぞもぞと動いています.. どうやら、巣から落ちてしまった様です..(今年は、よく、燕の雛が巣から落ちます.. これで、3回目です..) そっと拾い上げ、巣に戻してあげました..P7030001_2
卵から孵って一週間.. 今朝、雛が、巣から、初めて顔を覗かせました.. 巣から聞こえて来る鳴き声は、昨日よりも少し大きくなった気がします.. 2羽の親燕が入れ代わり立代わり、雛のためにエサを運んで来ます.. 親燕の子育て、再開です (^.^) http://www.sakai-misato.jp/

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト